お役立ち情報

タワーマンションの選び方で大切なことは?判断ポイントを解説

 

タワーマンションの選び方において、大切なポイントは何でしょうか?

立地を重視するのか、部屋の広さに重きを置くのか、共用施設で決めるのか…

人によって判断基準は変わってきます。

 

そんな中で判断基準を決めるならば、タワーマンションの選び方のポイントは「設備」と「サービス内容」です。

共用施設が豪華で、質の高いサービスを提供するタワーマンションは、資産価値が落ちにくい傾向です。

 

そこで本記事では、タワーマンションの選び方のポイントを5つにわけて解説します。

現在タワーマンションの入居を考えている方は、ぜひ本記事を参考にしてみてください。

タワーマンションの選び方のポイントは?

mohamed HassanによるPixabayからの画像

 

タワーマンションの選び方のポイントは、おもに5つあります。

  1. コンジェルジュのサービス内容はどうか
  2. エレベーターは十分か
  3. 駐車場の台数やルールはどうか
  4. 災害対策は十分か
  5. 共用施設は充実しているか
営業マン
営業マン
1つひとつ詳しく解説していきます!

①コンシェルジュのサービス内容はどうか

 

コンシェルジュのサービス内容や滞在時間は、入居前に事前に確認しておきたい点です。

なぜならコンシェルジュは無料ではなく、入居後に毎月支払う「管理費用」から支払われているからです。

 

「平成30年度(2018年度)マンション総合調査結果」によると、2018年のタワーマンション(20階建以上の建物)の平均管理費用は月額15,726円でした。

営業マン
営業マン
一般的なタワーマンションよりも、タワーマンションは年間で60,000円ほど高い管理費用を支払っています

コンシェルジュは入居者の管理費用から賄われています。

コンジェルジュが高いお金に見合うだけのふさわしいサービスや接客をしてくれるのか、事前に確認しておきたいところです。

 

なお、コンシェルジュのおもなサービスは以下の通りです。

・クリーニングの取次

・宅配便の発送や受け取り

・タクシーの手配

・設備故障の際の業者紹介

・レンタカー手配

・入居者不在の際のゲスト対応

・ゲストルームやフィットネスジムなどの利用管理 など

※タワーマンションによって対応は異なります

 

またタワーマンションによっては24時間滞在していることもあれば、朝~夕方までと時間が決まっていることもあります。

営業マン
営業マン
防犯の役割も果たしているので、どの時間帯にコンシェルジュがいるのか事前に確認しておきたいですね

 

タワーマンションは、コンシェルジュが一種のステータスとなっています。

コンジェルジュの質が高いところは、総じてハイグレードなタワーマンションです。だからこそ、自分に合ったサービスを提供してくれるのか、入居前に細かく確認しておきたいですね。

②エレベーターは十分か

Robert AllmannによるPixabayからの画像

タワーマンションを選ぶ際には、必ずエレベーターについては確認すべきです。

なぜならタワーマンションによっては通勤や通学時間に混むことが多く、場合によっては10分以上待つこともあり得るからです。

 

エレベーターにおいて、「適正台数」という考え方があります。運転能力や周辺状況によって異なるので一概には言えませんが、エレベーターの適正台数は「100戸に1台」と言われています。

営業マン
営業マン
たとえば総戸数が500戸のタワーマンションなら、エレベーターは最低でも5台以上は欲しいところです

 

またエレベーター関連で、入居前に確認しておきたい点は以下の通りです。

  • エレベーター1台あたりの収容人数は十分か
  • エレベーターは高階層と低階層で分かれているか
    1台あたりに利用する住民が減るので、平均乗車時間が少なくなる
  • 階段を利用できるか
    低階層だと、ピーク時間は階段を使う方が早いことも多い
  • 外からエレベーター内を防犯カメラで確認できるか
    エレベーター内の映像がエレベーターホールからから確認できれば、犯罪を抑止しやすい
  • 駅から近い場所にあるか
    駅近だと、自分と同じ電車に乗る住民で混みやすくなる

上記事項は、事前に不動産会社に確認しておきましょう。

またできれば朝の時間に内覧して、実際のエレベーターの込み具合や住民の様子を確認しておくのがおすすめです。

営業マン
営業マン
ちなみに、夜にタワーマンションを内覧すると、前もって夜景を確認できるのでおすすめですよ

③駐車場の台数やルールはどうか

Peter HによるPixabayからの画像

タワーマンションを選ぶ際に見落としがちですが、駐車場についても確認するべき点です。なぜなら駐車場が狭ければ後から利用できない可能性もありますし、思ったより駐車場代が高額なケースもあります。

 

駐車場関連で確認するべき事項は、以下の通りです。

  • 「平置き駐車場」か「機械式駐車場」か
  • 駐車可能台数は何台か
    総戸数に対して十分な数の駐車台数があるか確認しておきたい
  • 駐車場のルールはどうなっているか
    管理規則によって、ふかし禁止や洗車禁止などのルールが定められているので、トラブル防止のためにも事前に確認しておきたい
  • 近隣にコインパーキングはあるか
    駐車場が空いていない、またはタワーマンションの駐車場代が割高な場合は、近隣の駐車場を利用することも視野にいれましょう
  • 駐車場代はどのような用途に使われているか
    場合によっては、駐車場代が管理費用や修繕積立金に充てられているような悪質なケースもある

「平置き駐車場」
平面(地面)からそのまま停められる駐車場。道路とつながっていることも多く、すぐに出入りできるメリットがある。一方で屋根がないタイプだと、車が汚れやすくなるデメリットも。
「機械式駐車場」
昇降機で車を入出庫する駐車場。セキュリティが高く大切な車を守れるメリットもあるが、一方で機械のメンテナンスなどで管理費用や駐車場代が高くなることも。

↓平置き駐車場の例↓

↓機械式駐車場の例↓

 

たとえ今車を持っていない方でも、将来的に車を購入する可能性もあります。

そのため入居前には、駐車場のことはしっかり不動産会社に確認しておきましょう。

④災害対策は十分か


Angelo GiordanoによるPixabayからの画像

タワーマンション選びにおいて、災害対策の確認は欠かせません。日本は地震大国であり、最大震度7とも予想される南海トラフ地震がいつ来てもおかしくない状況だからです。

 

南海トラフ地震によって、関東から九州地方にかけて非常に甚大な被害を及ぼすと考えられています。大阪市によると、南海トラフ地震で早期避難が遅れた場合、大阪の想定死者数は約13万人です。

 

また震源地が遠い地震だったとしても、長周期振動の影響でタワーマンションが揺れることもあります。

営業マン
営業マン
実際に2011年3月「東北地方太平洋沖地震」の長周期振動により、700km離れた大阪の超高層ビルで、24階の書類棚が倒れました

 

つまりどんな地震が来ても大丈夫なように、タワーマンションの災害対策を事前に確認しておくのは必須です

 

では、タワーマンションの災害対策で確認しておくべき点はどこでしょうか?

入居前には、以下の点を確認しておきましょう。

  • 地震に対する構造が「免震」「耐震」「制振」のどれか
  • タワーマンションに防災用の倉庫があるか
    医療品や食料品などの備蓄が十分保管されているか、不動産会社に聞いてみるのがおすすめです
  • 自衛消防組織や、非常時の災害行動マニュアルは整備されているか
  • 災害時における住民同士の自助の仕組みはどうか
    住民同士の安否確認のシステム、日頃から住民同士のコミュニケーションの場があるかなど

「免震」
揺れが伝わらない構造。家具などは転倒しにくいが、免震装置のメンテナンスなどで費用がかかりやすい
「耐震」
揺れに耐える構造。建物の構造自体を強化することで、地震に強い構造になっている。しかし地震の揺れをもろに受けてしまい、上階ほど揺れが大きくなる。
「制振」
揺れに備える構造。地震とともに制振装置も揺れるので、建物全体が揺れにくい。コストはやや高いが、多くのタワーマンションで採用されている構造。

 

ただし基本的に今のタワーマンションは、地震に強い構造になっています。

超高層建築物(高さ60mを超える建築物および地上4階建て以上の免震物)は、国土交通大臣の認定を受ける必要があります。つまり国の厳しい基準をクリアしたタワーマンションのみが、建築されているわけです。

 

そのため災害対策で大切なのは、家庭ごとの防災の取り組みです。

災害に備えて普段からどれだけ災害の対策をしているかが、非常時の行動を大きく左右します。

営業マン
営業マン
非常食を備蓄する、家具を突っ張り棒で固定するなどの防災対策は必須ですね

⑤共用施設は充実しているか

ザ・パークハウス中之島タワー 1階ラウンジ※ザ・パークハウス中之島タワー(大阪市北区中之島) 1階ラウンジ

 

タワーマンション選びにおいて、共用施設は欠かせません。なぜならタワーマンションの醍醐味は、共用施設にあると言っても過言ではないからです。

 

タワーマンションによって共用施設に趣向を凝らし、住民に満足してもらうように工夫しています。

そこで共用施設の中でも、事前に確認しておきたいポイントを以下の通りピックアップしました。

  • スカイラウンジ
    上層階にある、全面ガラス張りのラウンジ。バーラウンジも併設されている所もあり、家族や恋人など大切な人と夜景を見ながら楽しむのは筆舌に尽くしがたい
  • フィットネスジム
    住人専用のフィットネスジム。外に出る必要はないので、運動の習慣がつきやすい
  • 24時間ゴミステーション
    家にゴミをため込む必要がなくなる。さらに各階にゴミステーションがあるとゴミ捨てが非常に楽となり、エレベーターに持ち込む必要もなくなる
  • ゲストルーム
    住民の来客専用の宿泊部屋。一般的にホテルで泊まるよりも宿泊料金は安く、またタワーマンションの豪華さを体験できるので、来客に喜ばれること間違いなし
  • 宅配ボックス
    宅配便の受け取りの際に家にいる必要がなく、不在でも宅配の利用が可能。今どきのタワーマンションには、たいてい宅配ボックスがついている。ただし生鮮食品やサイズの大きなものは利用不可の場合もあるので要注意

 

上記のような共用施設があるか、事前に確認しておきましょう。

エントランスが広ければゲストは圧巻されますし、フィットネスジムがあれば生活満足度は向上します。

 

内覧の際に可能ならば、すべての共用施設を見ておくのがおすすめです。

タワーマンションの選び方で大切なのは「トータルで見て価値があるかどうか」

Bruce EmmerlingによるPixabayからの画像

タワーマンションの選び方で最も重視してほしいのは、「タワーマンションをトータルで見て、支払うお金以上の価値を感じるか」です。

なぜならタワーマンションは、部屋だけではその価値をはかれないからです。

 

たしかにタワーマンションを部屋だけで見てみると、値段ほどの価値を感じないことは多いでしょう。同じ家賃を払っていたとしても、一般的なマンションの方が倍以上部屋は広いことも多々あります。

 

では高い家賃を支払って、タワーマンションのどこに価値があるのでしょうか?

 

タワーマンションの価値は、共用施設や眺望、セキュリティなどの付加価値にあります。

共用施設にはゲストを呼んでパーティーをする「パーティーラウンジ」や、高層階でお酒を楽しむ「スカイラウンジ」などがあります。ゲストを共用施設に呼べば、驚かれること間違いなしです。

ブランズタワー梅田North ラウンジ※ブランズタワー梅田Northの1階ラウンジ。全面吹き抜けのガラスで、日が差し込み贅沢な空間を作り出している

 

またタワーマンションは、セキュリティも充実しています。

今どきのタワーマンションは部屋に行くまで3、4重ロックとなっており、不審者が侵入するのはほぼ不可能です。まさに、安心をお金で買っていることに他なりません。

 

つまり何が言いたいかというと、部屋以外にもタワーマンションを隅々まで見て、住むかどうかを検討してほしいのです。

たとえ部屋が立派でなくても、フィットネスジムやフリースペースに大きな価値を感じるのであれば、そのタワーマンションに住む価値はあります

営業マン
営業マン
ステータスに魅力を感じるならば、タワーマンションは十分な価値を発揮してくれますよ

 

タワーマンションをトータルで考え、その全体の価値と、家賃などのコストを天秤にかけて検討してみてください。

まとめ:自分が住むにふさわしいタワーマンションを選ぼう

タワーマンションを選び方で見るべきポイントは、「コンシェルジュ」「エレベーター」「駐車場」「災害対策」「共用施設」の5つです。

設備やサービスが優れているタワーマンションは、住民の満足度も高く、資産価値は落ちにくくなっています。

 

またタワーマンションの選び方で大切なのは、「タワーマンション全体で価値をはかること」です。

部屋だけで住むかどうかの判断するのではなく、共用施設やコンシェルジュなどをトータルで見て、入居するかどうか判断するようにしましょう。

 

当サイトは、大阪市内のタワーマンションに特化したサイトです。物件1つひとつを内覧し、ブログ形式で皆さまにリアルな情報をお届けしています。

タワーマンションのお住まいでお困りの方は、ぜひ弊社運営サイト「OSAKACITY TOWER MANSION」のお問合せから相談ください。お客さま1人ひとりに誠意をもって、丁寧に対応いたします。

 

営業マン
営業マン
TwitterやInstagramで物件情報やお部屋探しの豆知識、生活のお得情報を発信しているので良かったらのぞいてください

Twitterへ   Instagramへ

大阪兵庫の賃貸検索サイト

karilunonline(かりるんオンライン)
関西最大のアパマンショップFCのTAKARA RENTAX GROUPが運営する、大阪・兵庫の賃貸物件検索サイトです。

学生マンションからきれいな新築マンションまで多数掲載中!

360度パノラマの設置、現役営業マンが物件のおすすめポイントの解説などがあるので、自宅でもお部屋の情報がたくさん手に入りますよ。

大阪、兵庫のお部屋探しに活用してください。

物件を検索する